Copy Right (c) Tenshino-kisui(天使の希水) All Rights Reserved.

  • s-facebook
  • Twitter Metallic

水は自然環境が命

 

今、日本の水 産業は、大きく変わろうとしています。 清涼飲料水は日本の地下水が汚染されている為に、水道水・海水・河川・ダムなどの水を逆浸透膜で濾過し、水をつくる時代へと移行しつつあります。 近年、逆浸透膜で濾過されたペットボトル(RO水)が急激に増えた理由の一つは、環境汚染が進み、地下水が 「細菌」や「硝酸態窒素」などで汚染されているからです。   水を濾過する山の自然環境を守らなければ、水道水も安全に飲めない時代がやがてくるでしょう。山(国有林)の環境汚染は、すべての日本人が守らなければなりません。 私は、株式会社「風」の設立に当たって、森の環境汚染を防ぐことが如何に大事かを教えられました。 私は、「脊振の自然を愛する会」に入会し、脊振の山を環境汚染から守る運動を始めました。私たちは、自然環境という貴重な財産を次世代の子供たちに引き継ぐ責任があるからです(久保田)。

「天使の希水」は、九州 脊振山系の水資源(森林)を保護し、未来の子供たちに安全で清浄な「水」を確保するための社会活動に貢献する 「脊振の自然を愛する会」 を応援します。 売上金の一部を同会に寄付させて頂きます。

2012年6月、西南学院大学(福岡市)ワンダーフォーゲル部 OBの池田友行氏が、脊振の環境保全活動を目的として、『脊振の自然を愛する会』を立ち上げました。
同大学もOB活動支援として池田氏をサポートしています。同会には、西南大、九州大、福岡大学など、ワンゲル部出身OBが多数おられます。現役ワンゲル部の皆さん達との交流を含め、池田氏(ワンゲル部)の「自然環境保護の輪」が日本全国の大学へ広がることを願っています。

 

*脊振の自然を愛する会のブログはコチラ
*脊振の自然を愛する会へのご入会はコチラ

脊振山系の四季 「脊振讃歌」

 

「脊振讃歌」は池田友行さんが10年間、自然を愛する気持ちから花や自然をとり続けたものを書籍化されたものです。
私たちが愛してやまない脊振の自然を、池田さんの 写真をとおしてご紹介したいと思い、ご相談したところ、快く了解していただきました。
色とりどりの山の息吹と、花の彩を池田さんの写真をとおして感じていただければと思います。


「脊振」が取り持つ縁 久保田史郎さんとの出会い

私が脊振山系に通い始めてから約10年近くになった頃、撮り貯めた写真を1冊の写真集にしようと思い立ちました。大学の同期が経営する出版会社『櫂歌書房』から2008年2月に自費出版ですが『脊振讃歌』を発売できました。
脊振では初めての写真集です。その本の表紙カバーに私の大学の親友松延君に寄せ書きをお願いしました。縁とは不思議なものです。久保田さんの誕生祝いに私の写真集『脊振讃歌』を知人からプレゼントしてらったという。寄せ書きをしてくれた松延君と久保田さんが唐津市の小、中、高校で共に学んだ幼な馴染みとのこと。話は早かった、どちらかともなく一度会いたいと思ったのです。
「脊振の水がおいしい、この水を赤ちゃんに飲ませてあげたい」と思う産婦人科医の彼と「脊振の自然に惚れた」私と二人赤い糸で結ばれた様にいつの間にか会う事が多くなり、共に脊振をこよなく愛する同志となったのです。そして松延君をいれた三人で脊振を思う夢は今、大きく膨らもうとしています。
明日を担う子供たちのために脊振の自然を大切にしたいものです。

『脊振讃歌』著者 
池田友行 2012年6月記